ダブルマウースッ! その1

TAGS: None

みなさんはどんなマウスを使っていますか。
もともとついていたマウスだよ、って人もいるのではないでしょうか。
こだわっている人もいるでしょうし、こだわっていない人もいるでしょう。
僕は一つこだわりというか、コレがないとヤダ、ってものがあります。
それは、「戻るボタン」。
親指のところに付いている場合がおおい、あれです。
いわゆる5ボタンマウス、ってやつですね。

ネットを見ている時に、一つ前のページに戻りたい時が多々ありますが、その時にわざわざ左上にある「もどるボタン」を押しに行くのが非常に面倒!
しかし、マウスに戻るボタンさえあれば!
なんと、親指の小さな動きだけで戻ることができる!

もう慣れると、戻るボタンがないマウスにはもどれません。
最近のマウスでスクロールボタンがついているのがわりと普通になってきましたね。
そんな僕が使っているマウスは、Logicool社のG700というマウスです。

このマウス、びっくりすることにボタンが13個もついてます
(ホイールを押す、右、左でもう3つです。あと右クリック、左クリック、人差し指の左側ぐらいに3つ、親指に4つ、あんまり使わない真ん中の一つの計13個)
logicoolのマウスは専用のソフトでボタンの役割を決めることができるんです。

つまり、この13個のボタンをなんにでも使えるんです。
(正直、13個も使いこなせていませんけど)
親指のところには4つもついていて、このボタンひとつひとつに役割を与えることができます。
これがなれると非常に便利です。
音響の編集などで、一つのボタンに分割カット、ペーストなどを入れると、編集が本当に早くなります。特にラジオの編集はそういう分割やリジット削除(間を詰めて削除する)などが多いので重宝します。というか、もうコレで以外やりたくないです(笑

大きさはかなり大きいですが、僕の手も大きいので非常に快適です。
重さもかなりありますが、軽すぎるマウスよりほどよい重さのマウスのほうが好きなのですぐに慣れました。
ちなみに、以前単三電池二本必要なマウスを使っていたことがありましたが、それはさすがに重くて苦労しました。G700は単三電池一本なのでちょうと良いです。
僕的には単四電池2本、もしくは単三電池一本がちょうどよい重さに感じます。
また、スクロールホイールが高速ホイール対応しています。
これは、普段はカリカリとすこし引っかかる様になっていて、一気に回らないようになっているのですが、このカリカリロック(命名:俺)を外して、一気に下の方までスライドさせることも可能な機能です。これが以外に便利。ロックを外して一気にズバーっと下の方にやることもできます。まぁ右のスクロールバーをつまんで下ろせばいいだけなんですけど、なかなかどうして便利なんです。
また、logicoolのマウスは全てそうですが、setpointというソフトで機能の殆どをカスタマイズできるので便利な事が多いです。
素晴らしいぞ、G700!

というところまでは実は昔とあるサイトで話したことがあります。
もうG700でいいんじゃないかな、と思っていた僕のところに新しい刺客が・・・

といったところで今日はお開き。
ではまた次回。

 

 

すごいどうでもいいことですけど、LOGICOOLって会社名は日本だけで、世界的にはlogitechなんですね。。。


© 2009 . All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress and Magatheme by Bryan Helmig.