スカイウェイブ入院!

TAGS: None

どもども、カーネルです。

今日、スカイウェイブ250をお店に預けてきました。

修理内容は、

・ステアベアリング交換

・ホイールベアリング交換

の2つです。

本当いえばフロントフォークのリフレッシュもしたかったんですが、予算的にもう無理です(笑

 

ステアベアリングというのは、フロントとメインフレームをつなぐところにあります。

フロント一式とボディをつなげるのはこのベアリングのみです。

ここの調子が悪いと、まっすぐはしらなかったりします。それぐらい重要です。

実は去年ぐらいから、変えないとね、って言ってました。

でも・・・色々迷って修理に出してませんでした。

 

だって。。。

 

自分でもできちゃうんだもん(涙

 

ベアリング自体は大した値段じゃありません。

作業もそれほど難しくありません。大変だけど。

フロントを全部外すため、工賃(時間)がかかります。

 

実は、昔NS-1のフロント一式を交換したことがあります。

作業的にいえば、ほとんど変わりません。

でも。。。面倒。。。頼むと。。。高い。。。

 

そんなことを繰り返していたら、いつの間にか時間がw

いい加減、調子悪くなってきて、低速でもガタガタ震えるようになってきたので

修理に出すことにしました。

ちなみに、ホイールベアリングとステアベアリングの部品代は7000円ぐらいです。

工賃は24000円です。

(ハッキリ言って、高く無いです)

 

来月。。。節約だなぁ。。。(遠い目)

 

ちなみに、バイク屋さんに持って行ったら

車台番号が1000も違わないスカイウェイブが同じ修理をするそうです。

ぼくのスカイウェイブは走行距離63000。。。

向こうの人は23000・・・

 

お互い多分n買って5年。。。

 

 

・・・・・・普通そうだよね(´・ω・`)

 

スカイウェイブのフロントのベアリングはかなり壊れやすいらしいです。

単純な話ですが、自重が重いので、負担が大きいとのこと。

もし走行中にベアリングが壊れるたりしたら大変なことになります。

早い内に交換するようにして下さい。とくにホイールベアリング。

 

昔、NS-1に乗っていた時に、走行中にリアホイールのベアリングが割れたことがありますが

そこから全く動けなくなり、大変な目にあいました。

みなさんも、ベアリングとグリス切れには重々注意して下さい。

この2つ、なければ車は成り立たないぐらい大事なものですから!

自転車やバイク、車、なんでも気をつけて頂ければと思います。


全然更新できませんが。

TAGS: None

どもども、カーネルです。

先日結構長文を書いていた途中にchoromeが落ちて内容が飛んで以来書いてませんでしたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さてさて、最近は津田大介さんの本「情報の呼吸法」を読んでから、HPとtwitterとfacebookの使い方を考えている日々です。

SNSとかブログとか、色々な手段がありますが、実はその違いをあまり考えずに書いています。

それは、一つに僕の大本にこのHPがあって、書きたいことを書きたいだけここに書いているということを、ほそぼそとながらずっとやってきて、それが基本になっているためです。

つまり、書きたくなったらHPがあるから、あとはおまけで楽しんでいるというのが実際のところなんですね。

そう言ういう意味で、tweitterというものは非常に気楽にできています。

そもそもの「つぶやき」という、そんなに責任ない感じで、なおかつ短い文章を気ままに発言するということが、僕には本当に楽しかったからです。

 

それもあり現状は、正直言って書きたいことをそれぞれの場所で書いているだけです。

 

しかしながら、もしかしたら、それぞれ活かせば何かもっと面白い人や物事に出会えるのではないのだろうか、とこの本を読んで思ったのです。

 

それだけ、twitterには新しい可能性があるかもしれない、と思ったのです。

 

で、実際何やるの?って聞かれると・・・

 

 

twitterのFollowを増やすぐらいなんですけどねw

 

ま、最近そんなことを思っているわけです。

 

あ、ちなみに、今萬劇場というところで、演劇やってます。

とっても楽しい舞台です。もし良ければどうぞ。

 

なにが楽しいって?

 

やってる劇団さんはばらばらだけど、どれも一所懸命で面白いんだよ!

 

・・・・・・説明下手ですみません。

 

HPです つhttp://www.yorozu-s.com/


© 2009 . All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress and Magatheme by Bryan Helmig.