「SCORE」録音

TAGS: None

こんにちは、カーネルです。
著作権の話をしようかなとおもったんですけど、ちょっと別の話をしようと思います。
ちなみに、音響の話でちょっと専門用語も飛び交います。注意。

先週、池袋シアターグリーン BICTREEで「SCORE」というミュージカル公演がありました。
音響は斎藤裕喜さんが担当です。劇団青春事情でいつもお世話になっている音響さんです。
この公演のアシスタントプロデューサーは劇団青春事情の松本さん(もっさん)で、スタッフも青春事情をやっているスタッフがあつまりました。
僕もその一人で、音響補助&トランポ(トラックなどの運転手)です。

今回の公演はワイヤレスが16本、PCC4枚、という仕込みになってます。
具体的に言えば、01V96が2台入っていて、ワイヤレスを一台でミックス(基本FXまで)、
それ以外をメイン01Vでミックスします。 マイクミックスは2mixです。
メイン01Vでミックスして音作り、という構成になっています。
(デジタルではなく、アナログ接続です。EQをかませたため)

で、せっかくなので、これを録音しようということになりました。前日の23時に急に(苦笑)
正直言えば、録音用のI/Oを持っていません。
I/OはTC ElectronicのStudioConnect48(以下SC)と、ちょっとしたとき用のForcuslite 2i2しかありません。
とはいえ、StudioConect48だって立派なI/Oじゃないか!っということで、これを基準に考えました。
録音PCはMacBookpro13inch、録音ソフトはAdobe AuditionCS6です。
一応、バックアップのためにMacBookPro15inch(2007)を持っていこうと思って、Auditionをインストールしようと思ったら、Leopardは対応していませんでした(涙)
これはいい加減、せめてSnowLeopardにしろよ、ってことでしょうか。。。(でも、構成的に難しいかもしれない。。。)
録音は最悪Liveでやってもいいわけで、一応バックアップで持っていくことにしました。
また、2mixをバックアップで録音する用にZOON H4も持っていきました。

SCは入力が最大24って書いてあるんですが、残念ながらアナログインとデジタルインを全部使っても、22が限界です。
(アナログ12ch、adat8ch、spdif2ch)
しかも、これを全部使うには、SPDIFも使わなくては足りません。
が、残念ながら今手元にケーブルがありません。
また、twitterでも間違えていたんですが、SCはダブルadatですが、あくまで8chでした(そのかわりダブルadat接続で、96khzにできる)
こういうときにほしくなりますadat×2・・・理由はのちほど。

メインの01VにはMY8-DA96カードが刺さっており、8out中6out未使用。また、adat未使用。
マイクミックス用の01VにはMY4-DAカードが刺さっており、またMainOutのみ使用のため、omniOut4ch、カードのOut4ch、adat未使用。
いろいろ考えたのですが、記念CDをつくることを考えると、割り振りはだいたいこんな感じに分けられます

①2ミックス
基本ミックス。バックアップ用もかねる
②ワイヤレスマイク
できるだけバラバラがいい。エフェクトは別送りか、後かけ。
③PCC(床置マイク)
ワイヤレスマイクは全員分あるわけではなく、PCCマイクでも週音している。
合唱部分に関しては、PCCの方がまとまりがいいときも。
④BGM
最悪あとからミックスするか・・・?
⑤エアマイク
空気感を取るため
⑥バックアップ
2mixとインプットが余ればマイクミックスも。これは、別のレコーダー(ここではH4)でもいい)

これをI/Oの入力、ミキサーのアウトとすりあわせると以下のような感じに。

メインミキサー(6ch)
1、2 PCC L、R
3 メインミキサーFX(エフェクト)
4 メインミキサーバックアップ
5、6 メインミキサー M
モニターアウト(ヘッドフォンアウト) 2mix
→H4で録音

マイクミキサー
(アナログ8ch、デジタル8ch)
adat
1 主役1
2 主役2
3 子供サブ 1、2
4 アンサンブル 1(5人)
5 アンサンブル 2
6 大人キャスト1
7 大人キャスト2、4(台詞かぶらず)
8 大人キャスト3
アナログOut
1、2 ワイヤレスマイク バックアップ

I/Oのマイクinで録音
ガンマイク(RODE NTG) エアマイク

計 17入力!(アナログ9、デジタル(adat)8ch)

これが、もしI/OにダブルAdat入力(16ch)ついてたら、 両方のadatから録音できます。
すると、
①メインミキサーの録音がすべてadat入力でできる
②アナログInがあくので、マイクミキサーの方から各マイクをダイレクトアウト(各マイクを一本ずつ)で録音できた のになー
と今更ながら残念でした。MOTUの826あたりだったら。。。と思ったり。
とはいえ、17chです。なかなかの数。 これを、Macbookpro13inch(C2D 2.4G)で録音です。
今までやったことありません。さらに、急だったのでテストの時間もなく、ぶっつけ本番です。
これは。。。怖いw

当日、時間がほとんどない中、結線をして、テストできるところだけなんとかテストします。
また、エアマイクは一つ上の階にある調整室の前に設置。ちなみに、設置はハンガークランプ+マイクホルダーです。
これはSC48のマイクInで録音します。

で、本番。
直前(後2分ぐらいで開演)にオーディオインターフェイスの設定をちょっといじったら入力の設定がすべて飛んで 大慌てで入力の設定をすべてやり直す、というトラブル(というか、バカ)はありましたが、なんとか録音ができました。

うまく行ったかどうかは、実際にすべて聞いてみないとわかりません。
また、今回機材トラブルで、ファンタム電源を入れるとノイズが乗るというトラブルがおきました。 多分単純に故障です。
今までアナログinの方を使ってこなかったので見逃していました。
ただ、ガンマイクで使っているチャンネルは問題なかったので、回線がどこかでショートしているのかもしれません。。。
これについては終わってから確認します。
これにより、アナログInがTRS8ch+ガンマイクのみになりました。。。ちょっと悲しい(涙

最終的な接続はこんな感じ

今回、一番の収穫は、macbookpro13inch+StudioConnect48+AuditionCS6で結構録音ができることがわかったことです。
今まで17chも同時録音したことがなかったので、この経験はちょっとうれしいですね。
また、ダブルadatがあれば、01V2台を録音できるという、今更なことに気づいたことですね。
あまりadatで録音をしてこなかったので、これを経験できたのも収穫になりました。
これで、adatで録音するという選択肢を持つこともできたし、一台でいろいろできるようになったので、 またこういう機会があればMacbookProとSC48(1Uハーフラック)を持って録音しにいきたいとおもいます。
今回はこの出力だけですみましたが、本格的なミュージカルだと難しいかもしれませんね。

ちなみに、昨日メインPC(XP)でミックスするためにAuditon3にwaveファイルを流し込んでミックスしようとしたら 異常にトラックが重い。。。 原因は多分I/O(2i2)だと思うんですけど、なかなかうまく行きません。

もうMacbookproでmixしてしまおうかな(苦笑)


ついに。。。

TAGS: None

どうも、カーネルです。 ついに10月1日をむかえましたねー。

いろいろなものがかわりますが、その一つに「違法ダウンロード刑事罰化」が始まりますねー。
やれやれ。

 

今までも違法だったものが、刑事罰がつくってだけなので、違法なことをしていない人にとってはそれほど問題ないのかもしれません。
とはいえ、実際の生活の中でグレーなことをしている人もいるでしょうし、僕も音響をやっていていろいろグレーなこともやってます(黒はないですけど)

 

直前ということもありいろいろと情報が錯綜している感じがします。
そこで、整理するためにちょっとリンクを張っていきます。
また、もし読むのが面倒だけど、何をやっちゃいけないかだけ知りたい人はもう少し下の①、②っていう箇条書きを読んで下さい。

 

文化庁

 違法ダウンロードの刑事罰化についてのQ&A
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/download_qa/index.html

平成24年通常国会 著作権法改正について
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/24_houkaisei.html 

大人用と子供用に分かれていますが、非常にわかりやすく説明しています。

個人的には
違法ダウンロードでいう「ダウンロード」は、デジタル方式の「録音又は録画」であり、音楽や 映画が想定されています。
という一文は ちょっと気になりますが・・・
また、あくまで文化庁の出しているもので、司法判断ではありません。
この辺が難しいところですが、今のところの指針にはなると思います。

INTERNETwatch

福井弁護士のネット著作権ここがポイント 2012年著作権法改正でどう変わる? 違法ダウンロード刑罰化Q&A編
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/fukui/20120711_545838.html

週刊アスキープラス

始まる違法ダウンロード刑罰化とDRM回避規制 (第1回)
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/110/110332/

文化庁のQ&Aをもとに弁護士の福井氏が解説をしています。内容は同じです。
現状まだ施行して間もない法律のため、基本的に「と思われます」という回答ですが、行動を取る上でよい指針になると思います。

改めて、になりますが、ほかのHPなどの解説をもとに、自分なりに噛み砕いてみました。

今回の改正で刑罰化、違法になったものは以下のものになると思われます。

①違法な音楽、映画、有料の映像(DVDやブルーレイで発売されているもの)を違法と知ってダウンロードすること
→刑事罰があります。

②コピーコントロール技術の回避
(CCCD、DVD、ブルーレイなど、コピーコントロールがついているものを回避してコピーすること)
→違法ですが、刑事罰はありません

ぼくらが普段の生活で気をつけるべきなのはこの二つです。
違法ダウンロードについては、今までしていなかった場合はそれほど気をつける必要がありませんね。
気をつけるべきは②です。
レンタルしたDVD、BDだけではなく、自分で買ったDVDなども違法の対象になります。 (CSS回避の行動自体が違法の為)
つまり、ipadなどにDVDの映像をリッピング&エンコードして入れることはできなくなりました

では、ハードディスクレコーダーなどで取ったTV番組をスマートフォンやタブレットなどに移す行為も同様なのでしょうか。
これは現状、大丈夫です。
コピーコントロールを回避していないため、問題なし、ということになります。

今回の改正で違法にはなっていないもの。(私的利用にかぎります)
① CDをコピー、PCに落とすなど。また、MDなどにコピー。(レンタル含む)
→とくに問題ありません。違法なのはCCCDのみです。
② youtubeなどのストリーミング映像を見ること
→現状大丈夫です。厳密にいえばキャッシュに保存ですが、一時保存は問題なし、ということになっています
(これから先どうなるかわからないけど)
③ CCCDをテープに録音
→コピーコントロールを回避しているわけではなく、またデジタル式の録音ではないのでOKです。
テープ派に朗報ですね!(笑)これを機にテープが復活!・・・するわけないか。
④ HDDレコーダーなどで録画したTV番組をPCやタブレットなどに移して視聴する
→先述しましたが、コピーコントロールを回避していない範囲ではOKです。
ダビング10を回避するのは禁止です。
⑤ DVDなどを流した画面をキャプチャーすること
→コピーコントロールを回避しているわけではないのでOKです。
⑥ ファイル共有ソフトで違法ではないソフトをやり取りすること
→P2Pソフト自体は違法ではない、という司法判断があります。
っていうか、winny裁判によりP2P技術で遅れを取った責任はどこへ?
⑦ 2012年9月31日以前の違法ファイルの所持
→遡って調べることはないそうです。

今回の刑罰化で、違法だけど刑罰はついていないもの
・TV放送をダウンロード。
→えー・・・文化庁のQ&Aでは
単にテレビで放送されただけで,有償で提供・提示されていない番組は,有償著作物等には当たりません。 (もっとも,違法にインターネット配信されているテレビ番組をダウンロードすることは,刑罰の対象ではないものの,法律違反となります。)」(文化庁Q&Aより)
つまり、今回の刑罰化では「TV放送は無料だから、刑罰の対象ではない」ってことです。
もちろん、だめなもんにはかわりません。

・動画、映像以外の違法ファイルをダウンロード
→今回の刑罰化の範囲に入っていません。例えば、youtubeにある「漫画を動画で流している映像」をダウンロードしても刑罰はありません。元々違法だけど。

 

今回の改正で、正直謎なもの
・デジタル接続でデーターのまま、ほかのPCで録音する
CSSはかかっていません。でも、デジタル式録音です。どないやねん?
まぁ・・・こんなへ理屈な録音をする人は数万人に一人とかでしょうけど(笑

現在まとめるとこんな感じです。 あまりまとまっていませんね・・・
一応いっておきますと、この改正が行われてからまだ時間が経っておらず、
もしかしたらこの文章がかわってしまうこともかんがえられます。
また、刑事罰はつかなくても、民事で訴えられることは考えます。
そのときに責任は負いかねます。 ごめんちょ。

次は、今回の著作権法で改正されたほかの部分の話をします。たぶん。


© 2009 . All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress and Magatheme by Bryan Helmig.