いんたぁぁぁぁぁびぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!

TAGS: None

先日、InterBEE 国際放送機器展に行って来ました。

ま、映像/音響機材とかに興味が無い人には関係ない話ですけども・・・
それをtwitterで色々「風のうわさ」として呟いたので、それをちょっとまとめてみます。

風のうわさを聞きつけて、それをただ呟いただけなので、信じるも信じないもあなた次第。
責任なんて取らないぜ!

 

【interBEE風の噂①adobeの話(信じるな危険)】

今回、adobeのブースではAdobe Creative Cloudの話がメインだった。auditionは影も形もなかった・・・
intelのブースが併設されていて、ウルトラブックと一緒に並んでいた。でも windows7だった。
adobeでは、PCレンタルを始めるようだ。一日5000円だったっけな。Adobe Creative Cloudのセッションでは、実際に一緒に作業する様子をやっていたが、一部うまく行っていなかった。
通信状況はわるいもんなぁ。

【interBEE風の噂②Rolandの話(信じるな危険)】

rolandのipadをディスプレイにしたミキサー、m-200i、人がいっぱいで触れませんでした・・・残念。
相当いい商品じゃないかなーなんておもったり。
yamahaもやっていたが、コントローラーとして、ipadを持って会場をうろうろ出来るのは嬉しい。
照明さんはDMX数本ですむからよく卓を移動してやっているが、音響はそうもいかないもんね。
LiveもMacの同期機能で持ち歩けるから、やろうと思えば卓から離れるという事も出来るんですよね。
細かい部分はもちろん無理だけどw

 

 

【interBEE風の噂③デジタルワイヤレスの話(信じるな危険)】

shureのデジタルワイヤレス、B帯で30波対応というすごいものだった。受信機がA/B帯対応で、送信 機の方でA/B両対応と、B帯のみのものが売られるとのこと。
10波モードと30波モードを受信機の方で切り替えるが、音質的に違いは一応ない。
一応ない、というのは一応デジタル送信とはいえ音質は主観的なこともあるので、そういう意味で違うかも、といういっていた。
具体的には、同じ圧縮技術を使って、電波のつよさが20mW、10mW、1mWで選び、30chでは1mWで運用する。
一番強い状態の1/20なので、心配になるかもしれないが、演劇など、範囲が限られている状態では心配無いようだ。
実際にテストしたときに、指向性アンテナを設置し、その範囲内(公称30m)を超えた範囲でも問題なかったらしい。
また、現行のアナログワイヤレスとの影響するかという話には、アナログワイヤレスの方に影響がでる方が心配とのこと。
B帯禁止のシアターグリーンではどうやらだめかも(笑
デジタルワイヤレスでの注意点は、普通に使う分には今までのアナログワイヤレスでの注意(アンテナまで障害物がない方がいい、送信機同士の距離が近づくと危険などなど)と変わらないとのこと。
ただ、0/1なのでどうしても切れるときはすぐに切れる。

 

【interBEE風の噂④YAMAHAの話(信じるな危険)】

yamahaのCLシリーズ、さすがのお客数。OSは新しくつくり直している。
インターフェイスはソフト、 ハードとも一度触ったら離れられなくなるよと。
相当大きな音をだして音作りしたので、yamahaの音と言える、との事。
本体のI/0とI/0ラックの入出力の音の差は、ないようにつくっているが、どうしてもdanteに乗せている分全く同じとは言えない。
入力の数が足りるのであれば本体だけで運用できるように作ってはある。特性上、本体のI/O数は少ないけども。
個人的CLシリーズの大好きなポイントである、完全新型フェーダーつまみ。
動画でもかなりの時間を使って注目されていたが、なんとこれ、LS7などのフェーダーにもつく。
要は、フェーダーの移動する部分(名前が出てこない)は一緒らしい。うれしすぎてw
これは僕がyamahaの方とあのフェーダーがすごい、って話をして「もしあのつまみがほかのミキサーと換装できたら・・・」と
言ったらひょいと外して横にあったLS7-32につけてくれた。うまく挟まった。「やっぱりできましたね!」と。嬉しい!でもどうやって手に入れるの?
むしろ今のフェーダーを全てCLフェーダーと換装してくれないかな。。。
danteのトラブルシューティングについて。重複接続可能なのもあってか、大きな問題というのはそこまで報告されていない。が、細かいトラブルはかなり起きている。danteに載せたミキサーとしては世界初だし。細かいアップデートを今もしている。
なお、yamahaとしては、今までのどれかの後継機という考えはしていないらしく、あくまで新シリーズとして考えている。

 

dugan-my16という、カードが出た。
http://www.yamahaproaudio.com/japan/ja/products/interfaces/miniygdai/duganmy16/systems.jsp

この商品、すごすぎる。高いけど、多分その価値がある。
だけど、言葉で説明するより、実際にさわった方がいいと思う。イベントなどで、マイクオペがいなくてすんでしまう事になった。
この商品の何がすごいって、音を入れていないときのノイズが、マイク一本分までおちるということと、
二本のPCCの間にいるときのオペレーションがほぼ理想的ということ。演劇でPCCを使う場合、ノイズは「仕方ないもの」となるのがほぼなくなる。
ほぼ教科書通りのオペレーションをしてくれるので、信頼度は高いとの事。
会議室などに01Vにduganカードを入れた状態で、極端にハウリングをおこしたり、音が大きすぎ/小さすぎということはなくなる。
大規模会議などをする部屋にはその価値がある。(毎回オペレーターが付く必要がなくなる)
このカードのために各ミキサーのファームウェアをつくったらしい。力の入り具合がしれる。
あと、このカードを作ったduganさんが去年のinterBEEに参考作品を持ってきたらしい。すごいいいおじさんだって。
ちなみに、聞いた話だと、講演会などにレンタルする場合、ラックの中にDuganのオートミキサーを入れてセットで貸すらしい。
それだけで、講演会などは済んでしまう。o1vでもできるようになるということは、このカードだけでオプションに十分なるなぁ。

今回、cubase7が発表されたが、ミキサー側でなにか変更は特にない。

 

こんなかんじです。細かいことはいっぱいあったけど、書ききれないので。。。

個人的には、duganカード、講演会や会議室などに入れるのに非常にいいと思うんですよね。
定価30万円ほどするから、01vより高い、っていう状況は起きるものの、ビジネス的に考えたらそこまで高いものでもないだろうし・・・


© 2009 . All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress and Magatheme by Bryan Helmig.