博多に来ております。

TAGS: None

バリアフリー映画 解説音声編集の講義の講師として、福岡市市民福祉プラザで講習をするために、博多に来ております。

 

いやーたべてばっかりですw

untitled

「うどん平」肉うどん、いなり


untitled

たんやHAKATA 牛タン朝定食

untitled

untitled

 

(写真失敗してる)

二十四 もつ鍋と馬刺。

 

untitled

 

魚がし 市場会館店 ねりご姿作り

 

 

余裕があれば、長浜屋のラーメンも食べておきたかったですが。。。さすがにきつい(苦笑

 

あ、あと、友人のカスミが書いたウォールアートも見に行ってきました。

すごいなぁ。

 

untitled untitled

 

 

本当はマリンワールド海の中道にもいきたかったんですが、時間的に断念。。。

ワニザメみたかった。。。

 

 

問題の講義?

 

 

untitled

 

今お客さん待ち。


レンタカーでお出かけしてきたよー

TAGS: None

もうすっかり寒くなってきましたが、もうすこし暑かった時期に秩父、長瀞に行ってきました。

 

大学時代の友達と一緒にレンタカーを借りて行ってきました。

バイクではほぼ毎年行っていますが、レンタカーでいくのは初めての経験です。

ってか、普通にレンタカー借りるのってほぼ初めてかも知れない(いつも荷物を運ぶ為にハイエースかトラックばっかり借りてる)

 

 

今回搭乗者は3人で、運転するのが僕と、免許とりたての友達です。

免許取り立てなので、最初からハイエースなんてこともなく、スズキのスイフトをレンタルしました。

 

高田馬場で9時からかりて、12時間。

目白通→関越道で練馬→所沢→463→299→140→阿左美冷蔵というルートです。

s20131024nikki

寄り道&バイパスしなければ、曲がるのはなんと4回(笑

(目白通りに出る・所沢ICをおりて463に・秩父駅のところで140号を右に・阿左美冷蔵に右折で入る)

実際は途中に色々寄り道したので、何回も曲がっていますけどね。

 

 

秩父のあたりについたのは12時半ぐらいでした。お昼ご飯をどうしようかなーなんて考えていたら、どうやら花祭りが開かれていました。

おそばも出ているというのでいってみました。

 

いったら、一面のそばの花! すごかったです。

130928_125553

DSC_6184

DSC_6166

そして、おそば。おそばの花をみながらのおそば。贅沢です。

130928_131543

 

お店が二つ出ていたので、両方とも食べてみました。

DSC_6148

 

130928_131558

 

それぞれもっちりとしゃっきりであじが違って、どっちもおいしかった! おなかを満たして移動開始。

今度は長瀞にかき氷を目指します。

 

DSC_6234

 

川下りもやっていたんですが、今日はやめておきました。

 

そして、阿左美冷蔵に!

 

 

 

 

ならんでた(涙

さすが土曜日。でも15分ぐらい待ったら入れました。

DSC_6225

 

入り口です。すてきな空間です

なんと、足湯に入りながら食べられる席もありました。すごい贅沢(笑

注文!

 

 

どーん!

s2013-09-27 15.07.32

 

どーん!

DSC_6207

 

相変わらずすごい大きさです。

 

でもこれがすっとはいってしまうんです。

そんなに多い気がしない。それぐらいふわっととけるんです。美味!

僕は今回白桃味にしました。すると白桃のシロップと練乳がきました。

どっちもおいしくて、最後の方は両方ともが混じったものすごくカロリーのたかいあまくて おいしい味になって、最後まで飽きずに食べられました。

 

ぜひ長瀞付近にお寄りの際は食べてみてください。

 

 

ごちそうさま。

 

 

帰り、道の駅によってお土産(自分用の酒)を買って、正丸峠(旧道)をちょっと上って、武甲温泉に入って帰りました。

 

楽しかったー!

 

 

おまけ

 

 

埼玉のゆるきゃら?もいました。

DSC_6176

 

 

おまけ2

 

untitled

 

レンタカー返してから、大久保で焼き肉たべました。

 


九月の話 蠅取り紙

TAGS: None

九月に追いつけ、追い越せ!というわけでカーネルです。

 

財布をなくして、大ピンチです。助けて。

 

 

ってか、拾った人、届けてください、真面目に。

 

 

 

 

さて、九月の話を。

 

 

九月・・・何やっていたっけ・・・(ガサゴソ

 

 

あ、緑慎一郎とミユキーズ「蠅取り紙」の公演の音響やってました。

 

 

 

演出は6月にやった「消失」とおなじくもじゃもじゃ頭さんこと、笹浦暢大さん。

場所は神奈川県青少年センター 多目的プラザです。

 

□内容

ハワイ旅行に行く両親を見送るために集まった山田家の5人兄妹。

出かけたはずの母が、翌朝家にいた!

どういうこと!?

ハワイにいる母の体と、日本に戻ってきてしまった母の意識。

兄妹たちは、大混乱の中、母を生還させようと必死になる。

その中で明らかになる、それぞれが抱えてきた問題…

誰かに話したくても多分うまく話せない、ちょっぴりホラーで、かなり笑えて、だいぶ間抜けで、とってもあったかい物語。

 

会話劇です。リアル芝居です。冷蔵庫を開ける音のためにスピーカーだしてます。

またですよ(笑

 

出演者の一人に織田裕之さんという方がいらっしゃるんですが、この方、家とかの内装の職人さんです。

壁紙の張り替えとか床材をはったりするプロです。匠です。

 

 

小田さんにかかれば

 

 

なんということでしょう(イメージはあれで)

130914_123011

130914_122959
130914_123023

 

 

ワンシチュエーションコメディを結構見てて、きれいな美術は結構見てきましたが、

 

壁にちゃんと壁紙が張ってあると、一気に普通の家感が増します(褒め言葉)。

 

すごいです。もう、家です。すめます。生活感満載。

 

 

しかし、織田さん的には「これじゃきれいすぎて・・・」とのこと。うーん、むずかいしい。

 

 

さて、音響の話。

 

簡単な仕込み図がこちら。

HP20130925

ちなみに、押し入れにBOSE 101が仕込んでありましたが、使っていません。風鈴の音をその辺から流すかも、と準備したんですが

実音像としての風鈴はいらなくなったので使いせんでした。

130915_163441

130915_163803

 

ミキサーは紆余曲折あって、01V96v2、音出しはMacBookPro15inch+TC StudioKonnect48+live8.4。

SPはSX300は劇場もので、ampがPro5。Yamaha SP300はQSC1202、101とサテライトはBose 1200Ⅵで使用しました。

 

上でも書きましたが、今回も実音像にこだわり、小さなSPが増えました。

また、BGMはメインと外SPのバランスをいじって、役者の台詞を極力じゃましないようにしました。

 

この作品、SFで、ちょっとホラーなんですよね。お母さん、生き霊だし。

織田さん演じる麻倉なんか、なんかに取り付かれてるし。

全く怖くはないけど(笑

そのホラー部分がスパイスになって、家族がぐるぐる走って、それで色々あったほつれがとけていく。

それが本当におもしろいんですよー。

この作品、初演が1994年、自転車キンクリートがつくった舞台です。

それが色々形を変えて、今こうやって作品になった。すごい話です。

 

ということで簡単ではありますが、蠅取り紙の話でした。


書き溜めていた原稿を発見したので投稿w

TAGS: None

カーネルです。涼しくなってきました。

ついに革ジャン解禁しました。今期もよろしくね。

 

 

さて、8月なんですが、色々ありました・・・・・・ざっとまとめて。(今更とか言わないで)

 

 

①タップダンスラボラトリー 第1回公演 『TAPの世界へご招待』

2013_tapnosekai

音響とかやってきました。

 

タップダンスラボラトリーの先生の尾崎美月さんとは以前やったタップダンス公演の時に知り合い、

そのときから公演の音響をたのまれていました。

あと、その他色々。編集とか台本構成とか。。。

 

台本の時点から色々口出し相談を受けていまして、かなり口出し提案をしました。

音響は編集。。。だけかな(笑

 

 

会場は柏市にあるデスカマッジというライブハウス。なんでも、オーナーさんのほとんど趣味で作ったという驚きのライブハウス。

うらやましい。奥にDTM&作業スペースもあって、すてきな空間でした。

そのかわり、普通の建物の地下に立ててあって、色々制約もありましたが。。。その辺はご愛嬌。

 

 

仕込み図・・・ってほどではありませんがこんな感じでした。

20130829

音出しはMacBookPro(2010 13inch)+GigaPort HD++abluton Live8.4の組み合わせ。

GigaPortは今回発導入。0In8Out(RCA×8)という珍しいI/Oです。接続はUSB。

untitled

2013-08-02 16.42.25

Winだと44.1khz×8、48khz×6、96khz×2という選択が出来たりするんですが、Macだと44.1khz×8のみです。。。

ま、実際そこまで気にしていません。(気になる場合はほかのI/O出すから)

小さいし、CoreAudioで認識できてすぐに音を出せるので、時間&予算がない時にいいかなと思って買ってみました。

しかし、今回は結局オケ出しだけだったので2chしか使いませんでした。。。どこかでチャレンジ。

 

今回の公演の大変だった事は、小さなライブスペースのため、PAブースが狭いんです。

二人も入ればいっぱい。

そして、ピンスポ(実際はSS)を使いたい理想の位置が音響さんスペース。ええ、譲りましたとも。

あまりない、音響さんが卓の前にいないタップダンス公演!(笑

音量の調整はicon icontrol(フィジカルコントローラー)で。

だいたいの調整は場当たりですませてあるので、何とかなるもんです。

 

本来であればマイクもちゃんとPAするべきなんですが、そんなに広くない会場なので、ホントに補助程度。

なので、拾いすぎて大変な事になる所以外は基本そのままです。

(PAできないよっていっているのに、某出演者は遠慮なくマイクに近づいて踏むんですよ、これが(涙)

 

で、内容はというと。

 

発表会ですが、ちゃんとストーリーもあって、選曲も順序がちゃんとあってよかったと思います。

どうしてもダンスの公演の場合、自分たちの好きな曲ばかりになったりすることがあるので、お客さんとしては入りやすかったのではないでしょうか。

タップ(振り付け)は、そのスタジオが始まって初めての公演ということもあり、勢いがあってよかったと思います。

初めての公演ということで主催の美月ちゃんの負担は相当だったと思います。本当にお疲れ様でした。

 

②東京ミュージカルキッズ 「KAGUYA」

t02200314_0800114112606929383

『KAGUYA』ってこんなお話

かぐや姫は1300年前にほんとうに月からやってきた宇宙人だった!年をとらない月の住人たちは、地球よりも高度な科学技術をもち、長い間地球をずっと見守ってきたのだ。

地球が大好きなKAGUYAは、青い地球が汚れていくようすに胸を痛め、ふたたび地球へ降り立つことを決意する。

そして現代の日本で出会ったのは、少女コロナをはじめとする夢にむかってがんばるアイドルの卵たち。

彼らと友情を深めながら、1300年ぶりに地球でかぐや姫が見たものとは?

そして今、月から地球へどんなメッセージが贈られるのか?!ティーンエイジャーの夢と希望を綴るSFストーリー。

 

 

音響やらせてもらいました。

 

青春事情にも役者で出て頂いてる大塚幸太さんが先生をやっているミュージカル教室「東京ミュージカルキッズ」の公演でした。

演出も幸太さんです。

 

会場は月島教育福祉会館のホールです。

実は前回の東京ミュージカルキッズの公演も手伝いで入って、小屋付きさんにも非常にお世話になっていました。

今回はちゃんと(笑)音響が入り、しかも僕がそれを担当させてもらえました。

 

 

今回はスピーカーを全ておかりして、ミキサー(LS9-16)、インプットを持ち込みました。

インプットは音出しようにMacbook+tc StudioKonnect48、マイクがPCC×2、RODE NTG2 ×2、Line6 XD-V70 ×12です。

書き間違えではありません。12です。

LS9-16のアナログ入力は16ch、なんとマイクだけでいっぱいに!

PAの現場がそれほどおおくない僕としては、マイクだけでインプットがいっぱいになったのはなかなかない経験ですw

I/Oからの音はadatでつなぎました(スロットにMY16-ATを装着)

untitled

untitled

 

出演者が20人を超えているので、全員にマイクをつける事はできません。

ソロがある子を優先的に、本番中に付け替えをします。ストレートプレイ部分はマイクは生かさず、PCCと吊りマイクで拾いました。

 

今回の課題はやはり、「一人でできるかなぁ」でしたが、なんとかなりました。

LS9のシーン切り替えははじめてやったのですが、なかなかつかいやすいもんですねぇ。

いままで01V96のシーンしか使っていなかったので、色々と戸惑いましたがなんとか形にする事ができました。

マイクの切り替えもうまくできたし、皆がちゃんと声が出ていてよい舞台になりました。

 

子供たちが一所懸命にがんばっている舞台というのはいいものですね。

皆コウタさんの愛のあるスパルタ指導があり、いい舞台ができたのではないかと思います。

音響さんもがんばったぜ!わりと泣きそうになりながらw

 

片付けをしていたら、子供たちの解散式がはじまりました。

そしたら、キャストの子が急に「音響さん!スピーカーかして!」

 

え、なにもきいてませんけどー!(厳密に言えばやるかもしれないとはきいていたけど、最終的なGoをもらっていなかった)

 

わーわーいいながら、一度しまったBOSE101とBOSE1705を取り出して準備。

子供たちよ!「まだー!?」みたいな空気をだすのはやめたまえ!君たちが行ってくれれば準備していたんだぞぅ(涙

 

 

ながれる音楽、歌うは感謝のうた。感動です。

でも、僕は息がきれてそれどころじゃありませんでした。

 

いやー楽しい現場でした。

 

8月後半。

 

だいたいニート。

 


© 2009 . All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress and Magatheme by Bryan Helmig.