マルチケーブルつくってみた

TAGS: None

またまた音響の話です。

 

ベルデンのマルチケーブルを使ってTRS-XLR8chマルチケーブルを作ってみました。

使ったケーブルはベルデン 1512C、コネクタはノイトリック NP3X-B とNC3MXX-Bです。

各ケーブルにビニールチューブ(内径3.5φ)で分けて、切ったところを伸縮チューブ15mmでまとめました。

 

2014-05-27 22.12.02

 

あまり太いケーブルではないので、ビニールチューブで養生しました。

 

ベルデンはHot、Coldの色を赤、黒に色を分けています。

なので、

アース - ①

赤 - Hot - ②

黒 - Cold - ③

 

という形になります。

 

ではでは製作。

 

TRSのほうのはんだ付けの写真を撮り忘れました(;´∀`)

TRS分完成。

2014-05-23 12.32.10

 

ケーブルにもともと色がついているので色分けのカラーブッシングはいれませんでした。

こうやって見てみると、ケーブルが色分けされているのってとても便利そうですね。

 

 

キャノン側。

被膜を剥いて、予備半田をしておきます。

アースには伸縮チューブをしておきました。1.5φを使いましたが、もっと細いほうがいいです。

そして、はんだ付け。

2014-05-27 21.43.07

上にかいた通りにはんだ付けしました。

特に難しいことはしていません。

最初に予備ハンダの量を多くしすぎてちょっと苦労してしまいましたが。。。

 

キャノン側も完成。

これをテスターでチェックします。

2014-05-27 21.46.07

現状、TRSの1番とXLRの1番が結線されていますよ、と表示されています。

よくやるのが、2と3番が逆という状況です。今回はセーフでした(笑

 

ということで完成。

 

2014-05-27 22.06.30

 

しばらくはI/O→ミキサーで使用予定です。

DA(DEQ830)のアウトとしてつかうのも良いかなーと思うんですが、もう一つ作るのは大変そうです。。。(´-ω-`)

こういうのって、一番厄介なのは被膜剥きですよ。。。ぐう。


© 2009 . All Rights Reserved.

This blog is powered by Wordpress and Magatheme by Bryan Helmig.